美容 by Daisy

LUSH(ラッシュ)風バスボムを簡単に作る方法|手作り入浴剤

2018年7月26日

こんにちは、デイジーです。

今回は、お家でも簡単に作れちゃうバスボムの作り方をご紹介いたします。

LUSHで人気のバスボムよく買って使っていたのですが値段がちょっと高いなーなんて思っていたんです。

でも、実はお家にある材料でLUSHのように可愛くシュワシュワなバスボムが作れることが分かったんです。

バスボムとは

バスボムとは、重曹とクエン酸の化学反応を利用した固形入浴剤です。

お湯に入れると二酸化炭素を発生させて発泡するのが特徴です。体はとっても温まり血行が促進され香りもよくお肌がツルツルになります。

お湯が弱アルカリ性になり美肌効果が期待できます。乾燥した肌に潤いを与えてくれます。

スポンサーリンク

バスボム作り 材料

・重曹         100g

・クエン酸       50g

・片栗粉orコーンスターチ 50g

・ボウル

・霧吹きスプレー

・シリコンやクッキーの型抜き(星やハートなど好きな形)

・サランラップ

コーンスターチと片栗粉ついて
この2つは上手にバスボムを固まりやすく、形よく作るために使います。
どちらも固まりやすい特性を持っているのでどちらでもOKなのですが、ご家庭に片栗粉がある方はコーンスターチを買わずに片栗粉でもOKです。コーンスターチを使った方がいい理由は、片栗粉よりも保湿作用があり余分な油分や汗を取り除いてくれる効果があるからです。せっかくお風呂に入るなら最大限に効果を出したい‼という方はコーンスターチを使ってみて下さい。

バスボム 作り方

1、重曹とクエン酸コーンスターチor片栗粉をすべてボウルに入れて良く混ぜ合わせます

2、混ざったら霧吹きで5回程度スプレーします(湿らせて硬さをみます)触ってみて固まりそうな感じだったらOK。足りなそうなら少しずつ水を霧吹きで足してみて下さい。

3、固まるくらいに湿ったら、サランラップに出して丸めて下さい。(ぎゅっと押し固めるように丸めて下さい。大体3~4センチくらいの円形にします。)

4、形を作ったらそのまま30分くらい置きましょう(室内の湿度によって変わります)

5、30分後しっかり固まっているのを確認したら完成です。

ハーブを入れてみたりポプリを入れたり精油を入れて香りを付けたり小さなフィギュアを入れれば子供たちは大喜びしますよね。アレンジは無限なのでお気に入りのバスボムを作ってみて下さい。

スポンサーリンク

Copyright© DAISY LOG , 2020 All Rights Reserved.