料理 by Dandelion

鶏肉の骨・異物の確認作業やり方

2018年5月15日

どもっダンデライオンです。

今回は、スーパーで鶏肉を買ったらおすすめしたいことを並べていこうかなと思います。

鶏肉にも国内産・輸入産がありまして、値段の安い輸入の鶏はブラジル産だと思います。

さて、ブラジルでは挽肉も洗うという習慣があるのはご存知ですか!?

普通日本では挽肉なんて洗わないですよね!?だからって、ヤバいものなの!?ってわけではありませんよ。

また、国内産・輸入産問わず結構異物は付いている印象です。

全てを取り除く作業は非常に根気と労力を使うので大変です。人ですから見逃すこともあります。

なので、いつもの鶏肉をより安心・安全に美味しく頂くためにご紹介していこうかなと思います。

ところで、なんで異物の話かって!?

スーパーで買った鶏肉に異物が付いていたからなのだよ。

スポンサーリンク

鶏肉 異物の確認と処理方法

では、実際に鶏肉の検品をしていきましょう。

point 1 鶏肉にゴミが付いていないか確認しよう

ゴミ(毛やビニール・プラスチック)などはついていませんか!?

ゴミが付いていた場合は取り除いてから冷水でキレイに洗い流しましょう。

point 2  鶏肉に骨が付いていないか確認しよう

これが意外なことに普通に付いてる時があります。

実際に、手で触って見ていきましょう。固い異物はありませんか!?

骨があった場合は取り除いていきましょう。

point 3  固い筋が付いていないか確認しよう

こちらの作業もおすすめです。食べている時の「グキッ」ってなる時が減ります。

固そうな筋があった場合は取り除いておきましょう。

まとめ

いかがでしたか!?

日本では常識でも海外では常識でないことがある。これ知った時は世界の広さを感じましたね。

鶏肉をより安心・安全に美味しく頂くための下処理方法でした。

まだ試していない方は是非試してみてください。おすすめです。

スポンサーリンク

Copyright© DAISY LOG , 2020 All Rights Reserved.