掃除 by Daisy

ダイソン(dyson)掃除機を自宅でキレイに手入れする方法

こんにちは、デイジーです。

梅雨に入り貴重な晴れの日に約1年半前に購入したダイソンを今日は洗えるところは全部洗っていこうと思います。

埃が舞うのは嫌なのでいつも外で掃除をしています。

ヘッドやフィルターはよく洗ってはいましたがクリアビンは取り外しができる事が最近分かったので今日は3点全てがっつり洗ってみました。

ダイソン掃除機の特徴

ダイソン(Dyson) は、1993年にイギリスで設立された会社で、今では主流になりつつあるサイクロンクリーナーを世界で初めて開発したメーカーと言われています。

まずは、デザインが良いですよね。

掃除機と言えば押し入れにしまっておくものという概念を覆す、おしゃれなデザイン。

インテリアとして部屋の見えるところに逆に置きたくなるくらいです。

次に、発売当初に使用されていた「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」というあの有名なキャッチコピーとCM。

ダイソンのスティック型掃除機は、コードレスタイプになっているのが特徴です。

コードがない掃除機は、充電式のため、使用中のコンセントを気にせずに掃除ができます。

そのため、2階建て住宅などでの上下階の移動、天井や照明のシェードのような高い場所にも便利。

また、スリムな形状のため、収納しやすいのも魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

我が家のダイソンです。

せっかく奮発して高価なダイソンの掃除機を手に入れたら、しっかりお手入れをして長く使いたいですよね。

ダイソンの力を発揮してもらうためには、日々のお手入れが重要。

掃除後のメンテナンスをサボっていると、高い掃除能力が落ちて寿命も短くなってしまうかもしれません。

ダイソン掃除の手順1

掃除に必要な道具

メモ

・ゴム手袋

・ハケ

・マイナスドライバー

・ウタマロ

・マスク

クリアヘッドの掃除方法

 

 

 

 

 

 

 

まず、ヘッドを取り外します。

汚なっっっ!!!

埃がびっしりついています。

 

 

 

 

 

 

 

ローラー部分を取り外します。

ローラー部分は水で洗ってください。

乾燥時間は24時間が推奨だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

取り外したらハケやマイナスドライバイーで埃を取りましょう。

古い歯ブラシや爪楊枝なんかも細かい所には役立ちます。

スポンサーリンク

フィルターの掃除方法

 

 

 

 

 

 

 

水で洗いましょう。

洗剤を使うと洗剤成分がフィルターの中に残ってしまう可能性が高く、お湯を使うとフィルターの寿命が短くなります。

タオルで水分を十分にとってから、日陰干しもしくは、乾燥機付きの場合は浴室につるして半日ほど干しても大丈夫です。

排気から生乾きの臭いや異臭がするなど、すでに雑菌が繫殖している兆候がみられるなら、思い切ってフィルターを交換してしまうのがおすすめです。

ダストカップの掃除方法

 

 

 

 

 

 

 

次にダストカップです。

ダストカップは下のふたを開けた状態で赤いレバーを握りながら引っ張ると本体から簡単に外すことができます。

気を付けてほしいのがダストカップと本体の隙間には細かい粉塵が詰まっていることが多いので、ほこりを吸い込まないように必ずゴミ袋を広げた上で、マスクを着けて行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

洗えるものは全て洗ってすっきりキレイになりました。

終りに

ヘッドの埃取りが一番大変でした。

ちょっと放置すると埃がこびりついて中々落としずらかったです。

ダイソンのコードレス掃除機はとても魅力的な家電製品です。

安い買い物ではないので長く清潔に使えるようにこまめなお手入れを心がけましょう。

ダイソンの醍醐味であるサイクロン方式の吸引力を活かすためにも、正しいお手入れで掃除機もキレイを保ちましょう!

スポンサーリンク

© 2020 DAISY LOG