掃除 by Daisy

クエン酸で簡単トイレ掃除|しつこい汚れもピカピカにする方法

2019年1月8日

こんにちは、デイジーです。

トイレは家族みんなが使う場所ですよね。

毎日使う場所だけに放っておくこともできませんよね。

いつの間にか嫌な臭いがしてくるトイレ。

トイレ掃除は便器だけでなく、手洗い器や床・壁など、掃除しなければいけない箇所が多いですよね。

トイレシートだけでは落とせない汚れをこれを使うとピカピカになります。

クエン酸を使ったトイレ掃除方法

今回はクエン酸を使ってトイレをピカピカに掃除します。

トイレ掃除を安全で楽にしてくれるものが、食べ物にも含まれている「クエン酸」。

クエン酸は汚れ落としだけでなく、ニオイ取りにも効果的です。

今回は安全で便利なトイレ掃除用品「クエン酸」の効果とその使い方をご紹介します。

トイレ掃除にクエン酸を使う理由

クエン酸は酸性なのでアルカリ性の汚れをよく落とします。

クエン酸はトイレの水垢や尿石アルカリ性の汚れを落とすのに効果的です。

アルカリ性の汚れとは水垢、尿石、カルキ、アンモニアと言った汚れの事です。

クエン酸は口に入る安全性の高さというメリットもあります。

クエン酸はレモンやお酢、梅干しといった食べ物に入っていて疲労回復で有名ですよね。

そのため石油や薬品から作られた合成洗剤より害の少ない安心して使える成分です。

トイレ特有の気になる臭いは、ほとんどが尿の飛沫が原因で、乾いて時間がたつと臭いを発する物質に変化するんです。

この汚れにはアルカリ性の性質があるため、クエン酸がもつ酸性の力で臭いを中和して消してくれます。

スポンサーリンク

おすすめのクエン酸はこちら

今話題のクエン酸掃除!!

電気ポット、自動食器洗い乾燥機、台所、洗面所、お風呂など使い方いろいろ♪洗濯物の黄ばみ、臭いの防止、ドラムの黒かびの防止にもご使用できますよ。

クエン酸を使ったトイレ掃除方法

準備するもの

・クエン酸

・スプレーボトル

・水

・重曹

掃除手順

1、まずはいつも通りに掃除します。

クエン酸小さじ1と水200mlをスプレーボトルに入れてしっかり混ぜ合わせましょう。

2、そのあと、便座をクエン酸パックしちゃいます。

ティッシュペーパーやキッチンペーパーを便座に巻き付けます。

3、しっかりとクエン酸水を浸透させます。

クエン酸パックをしたら30分放置します。

この時乾燥が気になる場合はラップをしてあげるといいです。

4、30分たったら貼り付けていたトイレットペーパーで便座全体を拭きます。

そうするとトイレシートだけでは拭き取れなかった尿のこびりつき汚れや尿石がクエン酸 で溶かされて、拭いただけでするっと取れちゃいます。

一度で取れなかったらこれを繰り返せばキレイに落とせます。

便座のフチに付いた尿石もこの方法と同じようにクエン酸パックしてみて下さい。

ビフォーアフターはお見せできませんが、驚くほど取れるので気になっていた方は是非試してみて下さいね。

5、最後にトイレカバー、トイレマットをクエン酸と重曹のダブルで洗っちゃいます。

湿気と埃、細菌で雑菌が繁殖しやすいんです。

トイレマットは髪の毛や体毛がつきがちなのでカーペットクリーナーなどで掃除します。

その後、40度から50度のお湯に重曹とクエン酸を大さじ3ずつ入れて1時間浸け置きします。

1時間たったらよく洗います。

かなり汚れは落ちますがより清潔にしたい場合は洗濯機などで洗ってください。

サニタリーボックスやスリッパなども汚れが集まりやすい場所です。

こまめに拭いて清潔に保つようにしましょう。

スポンサーリンク

Copyright© DAISY LOG , 2020 All Rights Reserved.