お役立ちグッズ by Daisy

玄関の鍵が回らない時の対処方法とスマホで自宅のドアをスマートロック

こんにちは、デイジーです。

最近我が家の鍵穴の調子が悪くて、鍵を入れても回りにくくなって困っているんですよね。

鍵は毎日使う物ですから開け閉めを繰り返すうちに鍵がすり減ったりシリンダーの中がうまく回らなかったりしてきます。

一般的に鍵の寿命は10年から15年と言われています。

鍵の寿命を少しでも長くするためにも定期的に鍵、鍵穴の掃除を行いましょう。

鍵・シリンダーの掃除方法

・鉛筆を使ったメンテナンス

鉛筆の芯には黒鉛が含まれていて、黒鉛には金属部分に付着して自己潤滑する特性があります。

鉛筆の芯を鍵穴の溝や凸凹、くぼみに塗り込むと黒鉛が鍵穴内部に付着して潤滑剤の役割を果たし、鍵の通りが滑らかになります。

Bや2Bなど色の濃い鉛筆だと芯に含まれる黒鉛の量が多くより滑らかになるのでおすすめです。

・鍵の汚れをブラシで落とす

鍵の溝や凸凹、切込み部分を使用済みの歯ブラシなどで掃除します。

防犯性の高い鍵は構造上ゴミが溜まりやすくなっていたりします。

特にディンプルキーなどは穴のくぼみに埃が溜まることがあるため定期的にブラシで掃除をすると鍵がスムーズに回ります。

・鍵穴専用潤滑剤を使ったメンテナンス

掃除機などで鍵穴の埃やゴミを取り除いたらご使用の鍵に合った鍵穴専用潤滑剤を鍵穴に少量スプレーします。

潤滑剤が鍵穴に入ることで鍵の滑りをよくすることができます。

メーカー指定の潤滑剤はネットやホームセンターで1000円~2000円程度で購入することができます。

鍵が回らなくて困った場合以上の事をまずは試してみて下さいね。

鍵が回らなくなった時、鍵屋さんに依頼した時の修理・交換にかかる費用は?

鍵屋さんに鍵交換を依頼した場合、作業費と出張費がかかってきます。

通常の鍵(片面・両面にギザギザがあるタイプのもの)の場合10000円~15000円ほどが一般的です。

また、防犯性の高いシリンダーやディンプルキー(鍵に穴が掘ってあるタイプ)の場合は作業も複雑になり作業費が上がるため、12000円~20000円(鍵の種類によって費用は変わってきます。)ほどがかかります。

鍵屋さんによって作業費や出張費錠前本体の費用は違いますので、交換を依頼する前に電話で確認してみて下さい。

スポンサーリンク

鍵といったらバッグの中で迷子になったり、両手がふさがって鍵が出せないなんてこともあったりしますよね。

そこで色々探していたらこんな便利な物を見つけました!

その名もQrioLock!

Qriolockとは?

スマホをポケットやバッグにいれたまま、鍵を解施錠できるスマートロック。

ドアに取り付けたスマートロック本体とペアリング接続されたスマホが鍵代わりになり、IDチェックと自動解錠が1度に行えるので、スマホさえポケットやカバンに入れておけばドアに近づくだけで解錠ができます。

 

ハンズフリー解錠、オートロック

ドアに近づくだけでQrioLockが鍵を解錠します。

どういう仕組みかというと、スマホにダウンロードした専用アプリが、今どこにいるのか位置情報を認別し、スマホがドアに近づいていると感知しとき自動で解錠が行われるのです。

日本の住環境に合わせ、様々なドアロックに対応した形を追求しています。

鍵交換や穴あけの必要もなく、賃貸中宅でも安心して取り付けられます。

家族にアプリをダウンロードしてもらって合鍵を渡すことも可能。

誰がドアを開けたのか履歴もアプリで確認できます。

出かけた後に鍵かけ忘れたかも…。

なんて不安になる事もなくなりますね。

玄関前での時間短縮になったり行動がスムーズになり快適な生活が送れそうです。

スポンサーリンク

© 2020 DAISY LOG