お役立ちグッズ by Daisy

結婚指輪を左手の薬指に付ける理由

2019年7月5日

こんにちは、デイジーです。

結婚指輪がはめられる指は左手の薬指ですよね。

芸能ワイドショーや新聞、雑誌などでは噂になったカップルの女性の左手の薬指指輪が光っていたなどといって指の部分だけをアップで撮ったりしますよね。

婚約会見、結婚会見では左手の甲を立ててカメラに向けてかざす光景がお馴染みになっています。

なぜ左手の薬指に結婚指輪をするのか

なぜ左手の薬指が愛の証である指輪の位置になったかというと、その歴史は古いです。

紀元前のギリシャでは、愛をつかさどる血管がこの指を流れており心臓に直結しているとされていました。

当時は心臓に感情の中心があると考えられていました。

だからこそ心臓をかたどったハート形が愛を表すものになったと言われています。

たしかに右手よりは左手の方が心臓に近いですよね。

そこに永遠を意味する丸い指輪をはめて結婚の誓いとするようになり、1614年にはローマの教会がこれを正式の儀式と定めた。

薬指にはめなくてもいい?

左手の薬指に指輪をはめる現実的なメリットとしては、生活の邪魔にならず、指輪を落としにくい指ということがあります。

右利きの人にとって、左薬指は指の中でも一番動きが少なく、普段の生活の中でもあまり力を入れることのない指です。

ただ、左利きの人にとっては、左薬指の指輪は逆にデメリットになってしまいそう。

「利き手に指輪をはめても、生活にはまったく支障がない」という人もいますが、やはり生活の中で邪魔だと感じたり、仕事によっては傷も付きやすいという場合もあるようです。

結婚指輪は左手や薬指にこだわる必要はありません。

購入した後になって「やっぱり右手や別の指に着け替えよう」と思っても、それぞれの指の太さは大半の人が異なるため、サイズ直しをしなければいけなくなってしまいます。

国や宗教の違いによっても、右か左かはさまざま。

いつまでも自分が愛着を持って身に着けられる指を選び、サイズを計りましょう。

スポンサーリンク

結婚指輪と婚約指輪の違い

結婚指輪は、新郎新婦がこれからの人生を共に歩むと言う誓約を形にするものです。

夫婦が絆を強くし、愛を育み続けることへの祈りと、結婚指輪を着けて互いの存在を感じられる意味が込められています。

古代ローマ時代に結婚の誓いを示すものとして指輪を交換する風習が始まり、日本で結婚式の儀式として広まったのは第二次世界大戦後でした。

カップルが着ける意味では結婚指輪も婚約指輪も同じではないかと思う人もいますが、そもそも婚約指輪は男性からパートナーの女性に贈るものです。

「あなたと結婚がしたい」と言う意味が込められた指輪で、記念として残るように華やかなデザインをあしらったものが一般的に選ばれます。

一方の結婚指輪は結婚する二人がセレモニーで交換し合うもので、婚約指輪とは意味合いも見かけも異なります。

結婚指輪にシンプルなデザインが多く選ばれる意味は、長い年月を経ても飽きないことと、日常生活で使いやすくシーンを選ばずにいつでも身に着けられるから。

上記の条件が多くのカップルの間で重視されているということです。

10本の指、それぞれに意味がある!

実は、10本指全てにそれぞれ違う意味が含まれているのです。

たとえば、同じ親指でも右手と左手の親指の持っている意味は違うのです。

それぞれの指輪の位置の意味を知ることで、今まで以上に指輪ファッションが楽しくなります。

今回は10本指が持つ、それぞれの意味を紹介します。

指輪の意味を徹底分析!

右手親指

右手の親指は

・指導力を上げる

・自分の考えを貫く勇気の意味を持っています。

指導者として指揮をするときに、どのようにすれば良いのか考える集中力を与えてくれます。

また、周りの意見に流されず、自分の意志を貫く大切さを感じることができると言われています。

右手人差し指

右手の人差し指は

・集中力を上げる

・リーダーシップを発揮するという意味があります。

何か大会や試験など、大事なことがあるときに、右手の人差し指に指輪をツケることで集中力が高まると言われています。

また、リーダーとして責任ある立場になるとき、どのように指導すれば良いのかという考える力も高まるとも言われています。

右手中指

右手の中指は
・邪気から自分自身の身を守る

・自分の思い通りにできるよう行動力を高めるという意味があります。

ネガティブな感情ではなく、物事をポジティブな目線で見るという勇気を与えてくれるのが右手の中指なのです。

右手薬指

右手の薬指は

・精神を安定させてくれるという意味があります。

落ち着かないときって、人生でたくさんありますよね。

大変なときこそ焦らないのが大事。

右手の薬指は、そんなときに精神を安定させてくれると言われているのです。

右手小指

右⼿の⼩指は

・⾃分の魅⼒を上げるという意味が含まれています。

⾃分の個性や良いところを発揮したり、何か望んでいるときに⼩指に指輪をすると効果的と⾔われているので
す。

また、⼩指の指輪は『ピンキーリング』と呼ばれることも多いですよね。

左手親指

左手の親指は

・愛を貫くという意味があります。

自分が持っている“愛”を無くすことなく貫き、自分の自信に繋がる場所と言われています。

恋愛だけでなく、自分が持っている“愛”を貫きたいという方にオススメなのが左手の親指なのです。

左手人差し指

左手の人差し指は

・自分を鼓舞する/勇気づけるという意味が含まれています。

何かやりたいことがあるけど、自分になかなか自信を持てないという人は、是非左手の人差し指に指輪をツケてみてください。

自分の中から、自信が溢れるような感覚が起きるかもしれません。

こちらの画像の指輪『nu(エヌウ)』は、“身につけた時の心弾む気持ち”をコンセプトにしています。

指輪の位置だけでなく、指輪のブランドが持っているコンセプトに合わせてつけるのもオシャレ。

左手中指

左手の中指は

・直感を司る

・ひらめきをもたらすという意味を持っています。

アイディアを考えるのってとても大変。

時にはなかなか何も決まらず、時間だけが過ぎるというときもありますよね。

そんなときは、左手の中指に指輪をツケてみてください。

思いも寄らないひらめきが生まれたり、直感を信じたくなるかもしれません。

左手薬指

左手の薬指は

・愛を深める

・絆を深めるという意味があります。

左手の薬指と言えば『結婚指輪』と言われることも多いくらい、愛を深めたいときにツケると良いと言われている場所です。

また、どうして左手の薬指が結婚指輪になったかというと、元々左手の薬指は直接心臓に繋がっていると言われており、心臓を捧げる相手という意味合いで左手の薬指が結婚指輪の定番になったと言われています。

かなりロマンチックですよね。

左手小指

左手の小指は

・願いを叶えるという意味を持っています。

恋愛だけでなく、様々な願いを叶えてくれると言われています。

何か成就したい願いなどがあるときに、左手の小指に指輪をツケるのはベストですね。

まとめ

いかがでしたか?

このように左の薬指には、古くから人々の間で言い伝えられてきた意味がありました。

それはお互いに心を委ね結びつける絆の証であり、未来の幸せな家庭を願う想いがこもった指なのです。

指輪をする指に意味があるのは神秘的ですが、一番大切なのはなんといっても夫婦2人がお互いを想い合うことなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

Copyright© DAISY LOG , 2020 All Rights Reserved.